プロパンガス会社は定期的に見直すことが大切

「プロパンガス会社の変更を考えている」
「ガス料金を安くしたい」
「光熱費の見直しを現在行なっている」

プロパンガスはその価格が高いと言われることが多いのですが、実際には価格が高い要因は非常に複雑であり、その中にはそれぞれの会社の思惑が含まれていると言う場合も少なくありません。
そのため同じ地域であっても会社によって料金が異なると言う事はよくある話であり、気がつかないうちに地域で最も無駄にガス料金を支払っていたと言うことも多いものです。
これはガス料金の決め方が他の公共料金とは異なるものとなっており、その特殊性からわかりにくいものとなっていることが要因です。

プロパンガス会社おすすめ

ガス料金はそれぞれ個別に決めることができる

ガス料金はそれぞれ個別に決めることができるものとなっており、それぞれが自分自身の利益性やその仕入れの方法等にかかるコストなどを含んで自由に料金を決定しているのが実態です。
その中には自ら料金を引き下げるためのコストダウンの努力をせず、高い料金を顧客に請求し利益を上げていると言うところも多くなっています。
特に長年同じところを使用し続けている場合には知らず知らずのうちに料金が上昇すると言うことが多く、気がつくと無駄なお金を支払っていると感じてしまうことも少なくありません。
プロパンガスの場合には地域に提供している企業が数多く存在しているため、その中から自由に選ぶことができる場合も多いものです。
そのために定期的に企画を行い、その見直しを検討することが必要であり、同時にその比較の結果を自分の使用しているところに提示して、値下げ交渉を行うことも良い方法となります。

【徹底比較】賃貸ではプロパンガスと都市ガス、どちらがおすすめ?

原材料となる原油の価格の高騰が激しくなっている

近年では特に原材料となる原油の価格の高騰が激しくなっており、実際に多くの会社は仕入れ値が増大しているためそれを料金に転嫁しなければならない事態となっています。
これが平均的に料金が高騰している理由ですが、自由に決めることができることから業者の中には様々な利益をさらに増やそうといわゆる便乗値上げをすると言うところも少なくありません。
価格が比較的安い場合には激しい競争に打ち勝つために必要以上に料金を引き下げ、赤字に近い状態で運営していたところほど、値上げをすることができるタイミングでこれまでの損失を取り返そうとさらに上乗せを行ってくる可能性が高いものです。
そのため現在のように原材料が高騰する状況ではその値上げの幅が非常に大きくなるところも多くなっており、ガス会社によって価格の違いが大きくなる要因となっています。

契約期間に縛りを入れるケースも増えている

実際にはこれらの中には様々な設備を長期間無償でレンタルする代わりに、その契約期間に縛りを入れると言うケースも少なくありません。
特に多いのは給湯器を無償でレンタルする代わりに、20年などの長期の契約を取り付け途中で解約をする場合には給湯器の料金を支払わなければならないとするものです。
しかしこの契約には様々な問題があることがわかっており、実際にレンタルの契約の費用はその個別の契約期間や料金が明確でない上、その根拠もはっきりとしないため法律上契約と認められないケースも少なくありません。
この場合には途中で解約をしても給湯器の料金を全額支払わなければならないと言う債務は存在しない場合が多く、万が一債務が存在する場合でも契約期間と実際の試用期間に則って現在の価値を算出し、その残額を一括で支払う仕組みとなる場合が多いものです。

耐用年数を経過している場合には残額が無償となるケースも少なくない

またそれぞれの機器には法律で定められた耐用年数があり、その耐用年数の範囲内でレンタル契約を行うことが義務付けられているため、20年と言う長期の場合にはその耐用年数を上回っている可能性があります。
この場合には無償であっても双方納得の上で契約を行ったとみなされることから、耐用年数を経過している場合には残額が無償となるケースも少なくありません。
プロパンガスはその価格が都市ガスに比べて高いことから、高額なガス料金を支払っても致し方ないと納得している人も多いものです。
しかし周辺の地域の中でも自分だけが非常に高い料金を支払っていると言うケースもあり、この場合には見直しを行うことが必要です。
見直しの結果自分が高い料金を支払っていると感じた場合には、ガス会社を乗り換えることを検討することも良い方法となります。
乗り換えによって様々な費用が発生すると考えている人も多いのですが、基本的に同じプロパンガスであれば様々な機器はそのまま利用することができるものとなっています。

まとめ

都市ガスに乗り換える場合にはその規格が異なるため、ほとんどの場合には交換をしなければなりませんが、プロパンガス乗り換えの場合にはこれらの機器は交換する必要がありません。
ガス会社によっては交換する必要があると言う形で引き止めを行う場合もあるのですが、このような言葉に惑わされないようにすることも重要です。
ガス料金は業者が独自に決めることができると言うことを十分に意識し、定期的に他の所の料金を確認した上で、自分自身のところが高いと感じた場合には乗り換えや値下げの交渉を行うことを積極的に実施することが良い方法となっています。

Related Posts

© 2022 世の中のややこしい話を丁寧に解説します - WordPress Theme by WPEnjoy