東日本大震災における福島県の復興

東日本大震災の影響で、福島県は多大な被害をこうむりました。

その被害は甚大なもので、死者だけでも1600人を超える被害となり現在でも復興が進んでいないエリアは多いです。

東日本大震災では、多くのエリアで多数の死者が出ましたがこの件も例外ではありません。

他県との違いは、原子力発電所が被害を受けて放射能が漏れだしたもので地震の揺れに津波の影響も相まって、海水に多くの放射能が漏れだしたことは人々の記憶に新しいです。

汚染された地域は人々が住むことができないようになり、原発のあったエリアに住んでいた人は引っ越しを余儀なくされました。

人工知能を駆使した建設DXの概要と魅力

 

現在でも仮設住宅に住んだまま

沢山の被災者が他県への引っ越しを余儀なくされたり、現在でも仮設住宅に住んだままです。

ローンを組んで建てた住宅に住んでいる人の生活は圧迫されますし、仕事もできなくなり現在でも真の意味では復興が済んだとは生きることが出来ません。

福島県の南相馬市をはじめとして、周辺エリアに住んでいる人たちは自主避難を余儀なくされ原発では日夜作業員が廃炉作業を行っているのが実情です。

震災から日がたつにつれて、人々の記憶から段々忘れ去られがちなこのエリアの事故ですが、原子力発電所のある福島県はほかの県の受けた地震の揺れや津波の被害に加えて放射能の被害も甚大でした。

現在でも多くの人が不安な日々を送っており、原子力発電所の件も終息には至っていません。

放射能を除去するのは一筋縄ではいかず、問題が起こるたびにニュースで取り扱われています。

原子炉建屋からの燃料取り出しと汚染水対策は現在でも行われており、廃炉になることが決定しているもののすぐに作業を終えられるものではないと、福島復興に取り組むアトックスは公表しています。

アトックス 評判

 

廃炉には今後30年以上かかることが予想されている

廃炉には、今後30年以上かかることが予想されていますので多くの作業員が毎日建屋で働いています。

福島県の復興のために様々な有名人が現地に行って様々なイベントに出演したり一般人も特産物を購入したり旅行をする、といったサポートをしていますが真の意味で復興しているとは言い切れないのが実情です。

原子力発電所の事案は数十年単位で解決までかかることですし、津波で受けた被害や地震で倒壊した家屋などそれぞれの現実はまだまだ元通りになるといえない事実があります。

仕事を止めることを余儀なくされた人や、職場や家が流された人も大勢いるため生活が一変してしまった人が多数います。

家族のほとんどが津波に流されてしまった人も多いため、東日本大震災は一瞬にして福島県の人々の楽しい毎日を地獄に叩き落したものであることは言うまでもありません。

岩手県や茨城県など他にも被害のあった県はありますが、原子力発電所や津波などの影響もあるため、今でもたくさんの人が辛い生活を余儀なくされています。

放射能の影響を懸念して、野菜や米を作ることが出来なくなった農地も多くあり先祖代々続けてきた農業を廃業することを決めた農家も多いです。

 

私たちが出来る復興のサポート

それでは、私たちが出来る復興のサポートにはどのようなものがあるのでしょうか。

まずは、風評被害を理解して現地に足を運んだり現地の農産物などを積極的に食べるということも重要です。

きちんと放射能のテストを通過した野菜なら人体に影響はなく、肥沃な土壌で作られた農産物は多くの人から愛されています。

震災以降足を運ばなくなってしまったり、なんとなく農産物や海産物を敬遠しているという人はもう一度このエリアに人々が笑顔を取り戻すために、できることから始めてみてはいかがでしょうか。

各自治体では募金活動などを行っていますのでネットから募金をしても気持ちが伝わりますし、できなければ旅行で足を運んだりそのエリアの野菜などを購入するだけでも十分サポートすることにつながります。

一人一人の力は小さくても、世界中の人が手を取り合えばそれは大きなパワーになるものです。

東日本大震災の爪痕は、現在も生々しくいたるところに残っていますし住民の生活は完全に元に戻ったわけではありません。

しかし、そんな時だからこそみんなで力を合わせて生活を盛り上げていく必要があります。

何をすれば元のようにみんなが笑顔になることができるのか、をみんなで考えて力を合わせていくことが重要です。

 

魅力的なイベントを季節に合わせて開催

福島県の各自治体では、魅力的なイベントを季節に合わせて開催しています。

泊りがけでそうしたイベントに参加したり、お土産を購入するだけでも地元の人たちの力になることができますし、経済効果が高まっていくことは彼らを支えることになるでしょう。

時間が無くて旅行に行くことが難しい、という方は自治体へ直接寄付をするというのも一つの方法です。

多くの有名人が震災以降現地に行って炊き出しなどを行っていますが、これから私たちが出来ることは継続可能な支援です。

困った時はお互い様ですし、少しでも生きている喜びを感じられるような毎日にするために震災の辛さを忘れて楽しく過ごすためにも、皆で力を合わせることが重要です。

Related Posts

© 2022 世の中のややこしい話を丁寧に解説します - WordPress Theme by WPEnjoy