【特集】歯科医院は歯の病気を防ぐために活用しよう

「歯科医院の選び方が分からない」
「初芝で評判の良い歯科医院を探している」
「予防歯科に興味がある」

予防歯科を掲げる歯科医院は、歯のプロケアによる治療に加えてセルフケアの指導を行っています。
虫歯や歯周病は時間をかけて発症し、進行していく性質があります。
朝起きたら急に虫歯になるというケースは極めて稀であり、少しずつ進行して歯痛を感じるようになって、はじめて虫歯だと認識する人が多いです。
歯周病に関しては痛みを伴わないことが多く、歯ぐきの減退や出血などの自覚症状で判断する人が多いでしょう。
虫歯と歯周病は歯の二大疾患と言えるほどポピュラーであり、この2つを予防していくことが健康で元気な生活につながります。

【関連】初芝 歯科

歯を守るための基本は日々のセルフケア

歯を守るための基本は日々のセルフケアであり、これを徹底しておけば高齢になるまで多くの歯を維持できるでしょう。
20本以上の歯があれば食生活への悪影響が出にくいことから、80歳まで20本以上の歯を残すことが推奨されています。
欧米人と比べて日本人の高齢者は、現存する歯が少ない傾向があります。
これは口腔ケアの不備が大きな要因であり、若いころからの間違ったブラッシングが関係しているのです。
歯はただ磨けばいいものではなく、歯垢を落とすことが何より大切になります。
歯垢はプラークと言われており、ベタベタした粘着性のある物質です。
これを放置すると歯石に変わるので、歯石を溜めないためにも歯垢除去が重要になります。

ブラッシングの正しい方法

ブラッシングの正しい方法は、一人ひとり異なってくる現実があります。
歯並びが悪ければ磨き残しが多くなるので、より時間をかけて磨くことが大切です。
歯に凹凸があると凹んだ部分の磨き残しが多くなるため、鏡を見ながら磨くのがおすすめです。
または洗口液を使用して、磨き残しが起こりやすい部位を覚えておくのもいいでしょう。
予防歯科のブラッシング指導は、一人ひとりの口腔状況に合わせて行われています。
どのような歯ブラシを使用すればよいかわからない場合は、適切なものを選んでくれるでしょう。

電動歯ブラシは相性のよい人と悪い人がいる

電動歯ブラシは万能だと思われがちですが、相性のよい人と悪い人がいるので注意が必要です。
歯並びや口腔疾患の状況によっては、電動歯ブラシを避けたほうがいい場合があります。
間違った磨き方を続けると歯ぐきを傷める可能性があるため、少なくとも6か月に1回はブラッシング指導を受けてください。
完璧な磨き方を覚えても、人は少しずつ忘れていく性質があるためです。
前回のブラッシング指導から1年も経過すれば、完全に自己流の磨き方に戻ってしまう人が少なくありません。

予防歯科を重視する歯科医院が増えている

近年は予防歯科を重視する歯科医院が増えてきており、その要因としてQOLの向上があります。
これは生活の質という意味で、健康的な生活を維持するためには歯の健康が必須だと考えられています。
歯を1本失うだけでも咀嚼力が大きく低下するので、食べられるものが制限されてくるでしょう。
歯周病で何本も歯を失うことになれば、硬いもの全般を食べられなくなる可能性大です。
食生活を十分に楽しめなくなれば、人生の楽しみが大きく減少するでしょう。
特に食べることが趣味の人にとっては苦痛を強いられるはずです。

歯を失えば内臓にかかる負担も大きくなる

虫歯や歯周病などで歯を失うことになれば、内臓にかかる負担も大きくなります。
食べるときはよく噛むように両親から教えられたという人は多いでしょう。
十分に噛むことによって食べ物がやわらかくなり、胃腸への負担が軽減するのです。
あまり噛まずに飲み込んでしまうと、胃腸はフル活動しなくてはいけません。
その結果として胃腸が疲れてしまい、身体全体のだるさを招くことがあります。
消化器官を健康に保つためにも、歯を極力失わないように対策する必要があります。
近年はセラミックやインプラントなどの高度な歯科医療が登場していますが、自分の天然歯に勝るものはありません。

プロのケアを受けるメリット

歯科医院のプロケアでは歯科医師や歯科衛生士が対応してくれます。
プロのケアを受けるメリットは、汚れを徹底除去できることです。
口内を常に清潔にしておくことが、口腔環境の健全化につながります。
必要に応じてフッ素を使用し、エナメル質の修復を促進させる処置をする歯科医院もあります。
歯が以前より黄色くなってきたと感じる人は、エナメル質が傷んで象牙質が透けて見えているのかもしれません。
フッ素はエナメル質を強化できるので、虫歯のリスクを大きく抑えられます。
虫歯菌の繁殖も抑えられるので、特に虫歯になりやすい歯質の人に適したケアです。

まとめ

すでに付着した歯石に関しては、プロの歯石除去で落としてもらいましょう。
歯石は歯垢とまったく感触が異なっており、セメントのようにザラザラしています。
歯垢と違って悪臭はほとんどありませんが、放置しておくと強力に歯周病を促進させます。
歯石が増えていくにしたがって歯ぐきが侵食されて、次第に歯が長くなっていくのです。
歯周病が重度になると若くして総入れ歯が必要になることもあります。
歯周病は糖尿病や腎臓病などのリスクにもなる疾患ですから、元気に長生きするためにもまずは歯の健康を維持しましょう。

© 2022 世の中のややこしい話を丁寧に解説します - WordPress Theme by WPEnjoy