老後に役立つ分散投資と純金積み立て

不安な社会情勢が続く日本では、分散投資が注目を集めています。
投資には様々な種類がありますが分散して投資の対象を多様化させると、資産運用に伴うリスクを減らせます。
全ての資産を1つの金融資産に集中させると、運用が失敗したときに資産全体にマイナスの影響が及んでしまいます。
値動きが異なる資産を分散させると、リスクを軽減しながら安定した収益を得られる可能性があります。

金は昔から世界中で愛されてきた実物資産

堅実な投資のひとつが金投資で、ゴールドとも呼ばれる金は昔から世界中で愛されてきた実物資産です。
株式や債券などは紙の資産で、企業の信用や業績などにより価値が決定されます。
世の中が安定して経済が好調だと紙の資産は価値が上がりやすく、世界情勢が不安定になると実物資産の価値が上がります。
一般的に実物資産と紙の資産は値動きが反対になるケースが多く、両方を上手に活用して分散投資を行うとバランスの良い投資ができます。
ゴールドの保有は10%程度が目安になりますが、保有者の意識によって保有資産の内容に違いが出ます。
金は無価値にならない実物資産なので、信用不安やインフレに強いメリットがあります。
投資対象にゴールドを入れたい場合は、短期間の売買目的で購入するのではなく長期保有が基本になります。

購入する時期を分散するとリスクも分散できる

金を購入する場合は、購入する時期を分散するとリスクも分散できます。
ゴールドに対する取り組みは、一般の投資家とプロのディーラーでは異なります。
プロのディーラーは短期的な値動きを見て売買を行い利益を得ますが、一般の投資家にとってゴールドは長期の資産です。
金の価格はマーケットが決めるので、価格が変動しても大きなマイナスが出ないように投資に取り組みます。
手持ちの補油資産を売却する場合も、売却する時期や売却量を分散するとリスクを軽減できます。
ゴールドには2つの顔があり、ひとつは宝飾品など商品の顔です。
もうひとつは実物価値を持つマネーと同じ顔で、国際情勢の影響を受けやすい側面があります。
実物資産なので債権や株式とは異なり無価値にならず、長期保有に適しています。

初心者向きの純金積み立て

金投資を始めたい場合に、初心者向きなのが株式会社ゴールドリンクの純金積み立てです。
注目を集める純金積み立てには、様々なメリットがあります。
純金積み立ては、毎月一定の金額を積み立てて少しずつ金を購入します。
購入した金は会社に預けるので、保管の手間やコストがかからず気軽に始められます。
現物のゴールドを購入した場合は、実物資産を保管する場所が必要になります。
積み立ての場合は、一度スタートすれば自動的に毎月一定額が積み立てられていきます。
仕事を持っている場合でも、手軽に始められる投資のひとつです。
少額から投資を始められるだけでなく、コストも抑えられ解約した場合は現物にできます。
金地金を購入するスタイルだと、多額の資金が必要になり保管料もかかります。
純金積み立ては毎月一定の額を購入し続けるスタイルで投資を行うので、価格が下落しているときには自動的に多く購入します。
価格が上がった場合は少なめに購入するので、購入価格を平均化できます。

純金の積み立ては比較的安定している投資

短期ではなく長期間投資を続ければ、取得コストを抑えられます。
継続して積み立てていけば、金の現物とも交換できジュエリーや金貨などとも交換できます。
純金の積み立ては比較的安定している投資なので、初心者に向いている手法です。
株式やFXなどの投資と比べるとリスクが少なく、資産を分散させて安定を図りたい場合にも利用できます。
手数料は会社によって大きさが異なり、主に4つの手数料があります。
購入手数料は購入時に必要な手数料で、年会費は口座を維持するための費用です。
年会費は会社により異なるため、年会費が安い口座を選択すると初期費用を抑えられます。
口座から資金を引き出す場合にかかる引出手数料も、会社によって料金が異なります。

純金積み立ての購入方法は月額積立購入が基本

純金積み立ての購入方法は月額積立購入が基本で、最近はインターネットで金の購入ができる会社もあります。
購入したゴールドは一定量になると引き出せますが、一定量になるまでは運営会社に預けておきます。
運営会社に預ける方法には消費寄託と特定保管があり、それぞれ特徴が異なっています。
購入したゴールドの所有権が運営会社に移る契約形態が消費寄託で、契約者は預けたゴールドの返還を常に請求できます。
運営会社は契約者から預かった金を保管しますが、運用もできるため保管料が無料の会社が多いです。
預けた金の保管料が無料だと、契約者は投資にかかるコストを抑えられます。
ゴールドの所有権は運営会社に帰属するため、運営会社が倒産すると預けていた金が戻らない可能性があります。
特定保管だと預かった金の所有権は契約者に帰属し、運営会社は返還の請求があるまで金を専用金庫で保管します。

まとめ

運営会社が倒産した倍でも、特定保管なら契約者に所有権が帰属するので預けていた金は戻ります。
運営会社の金庫で保管するので、契約者は保管料を支払う必要があります。

Related Posts

© 2022 世の中のややこしい話を丁寧に解説します - WordPress Theme by WPEnjoy