家を建てる際の建設会社の選び方

理想の家に住みたいときには、建設会社選びは重要です。
しかし、全国にはたくさんの建設を請け負っている会社があります。
その数の多さが逆にどこの会社選んだ良いのか迷いを生んでしまいます。
中には悪質な業者もあるため、会社選びは大切です。
車とは異なり、オーダーメイドの注文住宅だと購入する前の家を見ることはできない状態です。
住宅設備の体験をすることも難しくなっています。
モデルハウスに泊まれる宿泊体験をできる建設会社は少なく、実際に家を建ててみると思っていたものを違う出来だったということは珍しくないため建設会社選びは慎重に行う必要があります。

参考・・・信和建設 採用

 

自分が重視したい点を考慮して選んでいく

建設会社を決めるときには、自分が重視したい点を考慮して選んでいくことがポイントの一つだとされています。
建設する会社によって得意な分野と不得意な分野が異なります。
そのため、自分が重視する点が得意な会社を選んでいきます。
家造りの重視する点としては、耐震性・耐火性、耐久性、メンテナンス性、断熱・機密性、環境、設計や間取りの自由度、デザイン性、居住性、価格、建築する会社への信頼感、きちんとした施工をしてもらえるのか、アフターサービスはきちんとしているのかなどが挙げられます。
このような挙げた点から自分の譲れない部分の優先順位を決めてから検討していきます。

 

工法にも注意

次に工法にも注意します。
一般的に住宅は木造軸組工法、ツーバイフォー、プレハブ工法、重量鉄骨造、鉄筋コンクリート造、ログハウスの6種類から選ぶことができます。
広報を考慮しながら構造も考えます。
構造とは基礎工事と耐震性や耐火性の部分のことで、雪が多い地域なら雪の重さに耐えられる構造、台風が多い地域なら共有に強い構造などを選ぶことがポイントです。
これらのことを考えながら、希望に近い家を作ってくれそうな会社をピックアップしていき、実際に会社に相談してみます。
実際に行くことによって信頼できるメーカーかどうかがわかります。
都合の良い情報や他の会社の悪い点ばかりをアピールするような会社は信頼できないため避けたほうが無難と言えます。
契約を急かしてくるような会社も辞めるようにして、じっくり話を聞いてくれるような会社を選ぶように心がけます。

 

大手メーカーと地元の建設会社のどちらかを選ぶ

また、選び方としては、大手メーカーと地元の建設会社のどちらかを選ぶことができます。
大手メーカーの場合は、数を売る必要があるため広告費や住宅展示場などにお金をかけているため、総額は絶対に有利になるほど安いわけではないとさヒトシています。
規格内に収まる住宅であればコストパフォーマンスは良いのですが、規格から外れれば外れるほど建築コストは高くなっていく傾向にあります。
土地が極端に狭かったり、不整形地、斜線制限や近隣との調整で建物の形が複雑になってしまうという場合には、通常の価格よりも高くなってしまいます。
また、大手メーカーの場合は規格住宅であることが前提で設計されています。
それため設計の自由度がタイとは言えず、ある程度の自由度は制限されてしまいます。
ただし、ほとんどの場合が対応可能な範囲であることが多いため、あまり設計の自由度が低いということはデメリットに繋がることはないとされています。

 

デザインや仕様の幅が広いというのもメリット

デザインや仕様の幅が広いというのもメリットです。
これらの建材などを大量に一括で仕入れているため、比較的コストパフォーマンスが高く選択肢が豊富となっているため、自分の気に入ったデザインにすることもできます。
大手メーカーの場合、欠陥住宅や手抜き工事が発覚したときに信頼性を失ってしまうことは大きな痛手です。
そのため大手メーカーほど、意図的に住宅を欠陥を作ることは割りに合うものではないと考えられます。
住宅を工業化しているため施工精度が、ある程度一定になっているのも安心できる点と言えます。
対して、地元の建設会社を利用するという場合には、基本的にどんな注文住宅も建ててもらえるというのがメリットです。
狭い土地でも不整形地であっても建ててもらうことができます。
広告宣伝費や展示経費なども、大手メーカーほどかかっていないためある程度コストを抑えられるのもメリットと言えます。

 

地元の工務店なら品質が高い住宅を手に入れられる可能性が高い

また、工務店独自のこだわりかあることも多く、品質が高い住宅を手に入れられる可能性が高くなります。
設備機器などを自分好みのものを自由に選ぶことができる上、自分の目で実際に作られる住宅をチェックしやすいのも安心できる点です。
ただし、会社の規模が小さいと保証期限以内に会社が倒産してしまう可能性がある他、展示場がないとどのような住宅ができるのかイメージしにくい、悪質な業者だと工期が長くなってしまったり、品質が悪い住宅を提供される可能性も考えられます。
いろいろな会社があるからこそ、失敗や後悔しないためにはどの会社が良いのかをじっくり考えた上で選ぶ必要があります。
信頼できるかどうかを自分自身で判断し、相場の見積もりなどを取ってから決めることがおすすめです。
 

Related Posts

© 2022 世の中のややこしい話を丁寧に解説します - WordPress Theme by WPEnjoy